大西左朗さんの伊羅保釉急須です。
羅保釉(いらぼゆう)は信楽の土と相性がよく、信楽では昔から伊羅保釉の茶器が多く作られてきました。
焼成中に釉が集まり濃淡ができるのが伊羅保釉の特徴で、釉が集まった部分がガラス化して玉のようになるのを"玉いらぼ"と作家さん達は呼ぶそうです。
この急須にもは緑の玉がたくさん見られ、まさに玉いらぼ急須です