大西左朗さんの信楽引出しぐい吞みです。
穴窯の中で降りかかった灰が琥珀色のように変化しています。
多くの作品は焼成後、窯の中でゆっくり冷ましてから取り出しますが、この作品は薪を放り入れる穴から高温で真っ赤な状態のまま棒で引っ掛けて引き出すので”引出し”と呼びます。